商いの神髄は、やはり感謝

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都のサーファー庭師こと山口佳久です!
毎日をありがとうございます。

共に学び、共に悩み、共に成長し、共に歩む

さて今日、ある方から素敵な荷物が届きました。

52年間、大阪の大手前病院の売店を経営されていた
勝矢和美さんからでした。
彼女は52年続けて来られたお店を3月で閉店されました。
それは自分達の意思ではなく、病院側の理由です。
このことに関しては、同じ塾で学んでいたために
昨年起きたそのことを今でもしっかり覚えています。

僕は彼女とご縁が深いらしく
共に学ぶ時間がとても多いのです。

とってもエネルギッシュでとっても元気で
とってもアニメ声でとっても肯定的な素敵な女性です。

もし、あなたがやっている事業を止もうえなく閉じないと
いけなくなった場合、どう感じますか?

僕は彼女から本当の喜びを沢山学ばせていただきました。
イヤ、これからも共に学ぶと思います。

今日、届いた荷物を見て本当に心が打たれました。
「52年間ありがとう」

今の僕にはできません。
それは自分の意志で閉じたからではないからです。
だけど彼女はそこに「感謝」がいっぱいなんです。
しかも同封してあったメッセージカードには
「トミーの宣伝してあげて、FBでタグ付けUPお願い」
自分のことより、人の成長や喜びを本当に望んでいる
すばらしい女性です。

「商いの神髄は、感謝」

僕は彼女から受け取らせてもらいました。
与えるということは受け取れるということだと思います。
それはいいことだけではなく、悪いことすら受け入れられるということです。

彼女の想いをしっかりと僕は受け取りましたよ(^-^)
そして商いの根っ子の部分を感じ、見せてもらいました。

表面的なことでは出来ないと思います。
自分ごとよりも人の幸せ。
自分がちっぽけに感じた夜でした。

かずみん、共に学べて本当に良かったです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします(´ω`)

そしてトミー。
美味しかったよ。

かずみんの想いに応えてくれてありがとう。
本当に仲間達に感謝です。

それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket