自ら考え自発的な組織になる3年間で僕が気づいたこと・・・

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師、山口佳久です。
毎日をありがとうございます!

仕事をオモシロく自分事になる組織に勝るものはない

さて、昨日はわざわざ長野から
「指示ゼロ経営」「夢新聞」でお世話になっている
米澤晋也さんが京都まできてくれました。

そんな学びが多い米澤晋也さんのブログはコチラ

この方もKYな方ですが(笑)
まぁ~~~~僕もたいがいです(笑)
京都駅に迎えに行った時に
「え~~と、今日はなにか用事があって京都まで?」
なんて質問しているくらいだからね(笑)
「プラスに会いに来たんだよ」
そうだった・・・(笑)
ありがとうございます!!!
僕・・・けっこうヤバいね(笑)

<!–京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定–>

京都の夏といえば床~~~♪今年初床楽しかったぁ~~♪

米澤さんと初めてお会いしたのは確か9年くらい前だと思います。
ある方の著書に米澤さんの会社での取り組みのことが
書いてあったんですよね。
その手法と言うか考え方と言うか、やり方と言うか在り方というか
僕の理想的な感じだったんです。
すると大阪でセミナーのゲスト講師で来られるということで
思い切って申し込んで、そこに行った時に初めてお会いしました。
でも・・・小心者の僕は話もできなかった(笑)
名刺交換すらもね(笑)
それから数回はお会いしていたけど、あまり話すことはできませんでした。

僕ね、実はすっっっっごい!人見知りなんです。
まず、初対面の人とは話せないんですよね。
だいぶマシにはなってきたけどね・・・。

僕は米澤さんが提唱されている「指示ゼロ経営」にずっと
興味を持っていました。
「指示命令をしなくても自発的に行動する組織づくり」
僕はそれが理想でした。
その勉強会があることを約3年前に心友の勝矢和美さんが
教えてくれて、長野まで行きました。
そこから少しずつ話す機会が増えたんですよね。

指示ゼロ経営を学びましたが、実は・・・取り組みという取り組みは
何一つ僕はやっていません(笑)
ていうか、ツール一つすら使っていません。
僕は意図として、何一つスタッフ達にも話さなかったんです。
だけど、3年前と比べると社内は大きく変わりました。

いつも書いているように、僕はお店の中のことはほぼなにもしません。
スタッフ達がほとんどやってくれています。
ですが年がら年中、受注でいっぱいです(^^)
それまでの僕は、早朝から真夜中まで休みなしに
いつも余裕がなく、怒ってばかりでした。
1から10まで自分でやらないと気がすまなかった。
そしてそれをスタッフに押し付け
「俺と同じ価値観の人間になれ」
を押し付けてたんですよね~
スタッフ一人ひとりに価値があり、意味があって行動してるのにね(笑)

僕がこの三年間で取り組んだことは
「自分自身と向き合うこと」でした。
自分自身の在り方、スタッフを信頼、スタッフとの関係性
受け止め方、覚悟、恐怖・・・他にも沢山あります。

僕はそこで気がついたことがあります。
「人は誰しも人の役に立ちたい」ということでした。
それを萎縮させていたのは僕だったんです。

例えばスタッフが仕事中に携帯で何やらやっていたとしますよね
以前の僕だったら止めていました。
「なにやっととんじゃい!!」ってね。
今は放置プレイです(笑)
ですが、そのスタッフが必要な情報を調べていたらどうしますか?
それに注意をし、行動を止めるわけですよね。
それがお客さまに喜んでもらえる為だったり、社内の為やチームの為だったとしたら
その注意一つで「やる気」の火が消えるわけです。
それはそのスタッフがベストと思ってやってることかも知れません。

ですが、僕は別にやってなくてもいいんです。
携帯でゲームをしていてもいいんです。
スタッフを信頼するということはそういうことだと思うんですよね。
自分の意志で決め、判断し、行動する中にも
一人ひとりのペースやリズムもあるんですよね~~♪

昨日もとってもオモシロイことがありました。
僕に相談なく求人票を作っていました(笑)
会社のことや僕の時間が足りないことなどを考えての行動なんですよね。
とんでもなく頼もしいヤツラです(^^)

いいね~~いいね~~ヨロピク(笑)

そんな話を昨日は米澤さんとゆっくり出来たかな~
本当にわざわざ来て頂いて有難いことです。

ですが・・・そんな真夜中まで続いたレクチャー・・・も
聞いていない(笑)

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定
カズボーのFBから拝借・・・寝ている僕に熱く語るY氏(笑)

だってぇ~~~眠たかったんだもん(笑)

僕は誰にも縛られたくないし、誰も縛りたくない。
人は幸せになるために生まれてきたんです。

「仕事をオモシロく自分事に」ってのはスタッフ一人ひとりを認める
そういうところからかもしれませんよね~~

もうこのへんで止めとこ(笑)
お腹減ったし帰ろ(笑)

それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket