継続できない理由はやり方もあるけれど、今の自分に✖をつけているから・・・

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師、山口佳久です!
毎日をありがとうございます。

その理由はダメ!ダメ!で育ってきた環境が身についているから・・・

さて、昨日はエクスペリエンスマーケティングのセミナーでした。

世の中は1979年を境に「物の豊かさ」から「心の豊かさ」を求める時代に
確実にシフトし僕は加速していると思います。
そしてこのエクスマの加速度はものすごいです。
今回のこのセミナー、藤村先生のブログとFacebookだけで募集されたのですが
定員70名が一時間半でSOLD OUT
ちなみに今回の参加者はなんと120名
キャパ・・・超えてるし・・・(笑)
もう、人気タレント並みの勢いです。
それだけ、マーケティングのテクニックだけではなく
エクスマからは真理が伝わるからだと思います。
<エクスペリエンス・マーケティングはコチラから~♪>

藤村先生のお話はいつもの藤村節で学びがいっぱいでした。
藤村先生のお話は僕は塾生だけに少しは理解しているつもりですが

少しだけかい!!!(笑)

今回ゲスト講師で登場された、僕の師匠のハッピーが
とってもいいお話をされていたのでそこを触れたいと思います。

いつもいつもハッピーの話を聞いているので
自分ではわかっているのですが、昨日やっと・・・腑に落ちました。

「なぜ、継続できないのか?」

この事についてね(^^)

その理由は

「無価値感」
「罪悪感」
「恐怖」

この3つが当てはまります。
なぜなら、今の自分に☓をつけているから・・・。

例えば、ブログ。
「毎日更新したらいいよ~~」って自分の中では理解しているのですが
その行動は時には止まってしまいます。
その理由は僕の場合、この3つだと思います。
とんでもなく忙しい時は除いてね(^^)

「いい記事書かなければ」
「こんな面白くない記事ではダメだ」
「僕のブログなんて誰の役にも立たないかもしれない・・・」

じゃあ、なぜそんなことを思うかというと
今まで育ってきた環境や教育のクセがついているからです。

それは「ダメ!ダメ!教育」で育ってきたクセです。

・お箸は上手に使わないとダメ!
・お水をこぼしたらダメ!
・人にあいさつしないとダメ!
・勉強しないとダメ!
・遊んでばかりではダメ!
・成績が下がってはダメ!
・早くな寝ないとダメ!
・テレビばかり見てるのはダメ!
・学歴がないとダメ!

もう、ダメダメが身についているんです。
今の自分に◯をつける教育を受けていないからです。

だから何かを継続したい時にはこの3つが
意識しなくてもそうさせているんです。

だってね、そこには楽しむや誰かの笑顔が想像できていないんですよね。

ダイエットだって同じだと思うんです。

「こんな私が痩せたところで・・・・・」
「私なんて痩せても結局・・・」
「食べ物を粗末にしては・・・・」
「これを食べたら肥るのでは・・・」
「昨日、あれを食べたからだわ・・・」

そこにもこの3つがつきまとい、健康で綺麗になって
キラキラしている自分を描けていないんです。

昨日は師匠の話を聴き、それがスゥーーーーと腹に落ちました。
ブログをほぼ毎日更新して674日目でね(笑)

「1人の人だけにでも笑顔になってもらうこと」
「1人の人だけにでも喜んでもらえること」
「1人の人だけにでもお役に立つこと」

そして・・・

「自分自身が楽しむこと」

昨日のハッピーのオープニング動画から講演には
本当に愛がいっぱいでした。

エクスマはマーケティングのセミナーですが、今回の講師の
藤村先生、マックス、ハッピーのお話の中には
テクニックや競合他者や数字目標や競争・・・
そんなものは必要なく、ただただ・・・・
「愛とオモロカッたらいいやん」がいっぱいいっぱい詰まっていました。

今の自分に◯をして、今を楽しむ!
そして、今を楽しんでもらう!

僕自身もまた一つ、◯ができるようになったと思います(^^)

さて、あなたはできない自分を受け入れてあげられていますか?

それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket