4月7日 今日のグリーンプラス「力で抑えようとすると力でしか返ってこない」

こんばんは!
夢とお庭の伝道師 京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます!

4月も三分の一が過ぎようとしています。
僕の住んでいる、京都府八幡市の石清水八幡宮の近くに御幸橋って橋があるのですが
そこは桜が有名みたいで、連日すごい人だかりです。
ここは是非みて欲しいからリンク貼っときますね。
(気になる方はこちらを見てね)

僕はこの八幡市に住んで3年くらい経ちます。
以前の僕の先入観ってのもあって、京都の市内の方だったら
昔から毛嫌いする地域かもしれませんが(笑)
教育や地域の安全性や子育てなどの部分から見ると、かなり住みやすい地域です。
一つ例に挙げると、15歳までは医療費200円ですからね。

もう昔とは違って、本当にいい街です。
京都市内なんかより、はるかに人情味溢れたいい街だと僕は思っています。

実はね、昨日現場でギックリ腰というのに襲われました(笑)
まるで生まれたての子鹿のように立つので精一杯(笑)

今、僕は41歳なのですが腰痛とは16歳からお付き合いしているから
いつものことなのですが、スタッフやお客様にご迷惑をお掛けして
申し訳ないなぁ〜〜〜と思っています。

で、今日は自宅でゆっくりしているのですが
朝の10時10分ごろ、僕の携帯に速報が流れてきました。

「米軍、シリアに爆撃・・・一分間で約60発のトマホーク発射」

一瞬自分の目を疑いましたよ。
シリアが先日、化学兵器を使った空爆をしたのですが
罪のない子供達を含め、100人近くの犠牲者がいたそうです。

それに対して、米国のトランプ大統領は許せなかったのか。。。
それとも、今日は米中首脳会談だったから北朝鮮に威嚇したかったのか。。。
もしくは莫大な中国との貿易赤字に牽制球を投げたかったのか。。。。

フツウ・・・・やらないよね・・・・首脳会談ちう・・・・に・・・・(笑)
お、おぃ・・・・トランプさん・・・。。。。

そして日本の報道の遅さにはビックリ。
混乱を招かないためかもしれないけど、一時間以上経ってからニュースが流れてきました。

僕ね、いくらシリアの軍事施設だからと言って
やっていいとは思いません。
だってね、そこにはただ労働できている一般市民もいるわけです。
しかも、ロシアの軍人も巻きぞういにあってるみたいで・・・・
今後、、、大きな問題にならなかったらいいなぁ〜〜と思っています。

僕も一昔前は「怒りのマネジメント」をやっていました。
「ドツク・ドナル・オイツメル」
そんな感じでした。

でもね、僕は「暴力」で育てられてきたからそれが当たり前だと思っていた。
そして、力でねじ伏せる事で全ては解決すると思っていました。

だけど、今思えば・・・それは・・・自分の弱さや恐れを・・・・
ただ・・・隠していたからなんじゃないかと思う。

そして・・・・何も解決しないし・・・素敵な未来は作り出せない・・・・。

今は心底、そう思います。

共に共存し、共に生きていくならば・・・受け入れる事です。
それは社内だって家庭だって同じことが言えると思う。

どんなに同じ環境で育とうと、もともと持っているDNAや気質は違います。
ましてや、社内やビジネスとなると、違っても当たり前。。。

だからこそ受け容れてあげる必要があるんですよね。

確かに、北朝鮮やシリアのやっていることはいいとは言えない。
だからと言って、今回の米国がやったことが正当とは言えません。

暴力は暴力しか生み出さない。。。。
やった、やられたが・・・・人の感情を支配すると思います。
今・・・シリアの一部の人はアメリカを殺してやりたい気持ちでいっぱいかもしれません。

きれいごとをを言っているんじゃなくって、結局は自分たちの思い通りに
ならないことを、ただ・・・力で抑えようとしているだけなんじゃないかなぁ〜〜

アメリカさんの中国に対する北朝鮮の姿勢や、莫大になっている中国との貿易赤字。。。
国のトップの人たちが話し合って解決してほしいものです。

一般国民は・・・どうしようもないですからね・・・・。

今日はそんな目を疑うニュースより・・・・
それでは、また・・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket