伝わってなんぼ!目立ってなんぼ!

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師、山口佳久です!
毎日をありがとうございます。

おかげさまで忙しい初秋を楽しんでいます。
今日、思ったのですが植木を切ったり、草を抜いたり
お庭を作ったり、工事をしたりしているなかで
「なんか、こんな簡単なことで喜んでもらえて、お金までいただけて幸せだなぁ~~」
なんてしみじみ思いました。
この仕事を始めて24年目になるので、作業は僕にとって目をつぶっても
できることなんですよね。
目をつぶってはできひんか(笑)
もっともっと喜んでもらえるにどうしたらいいかが今の僕の課題。
技術も想いも伝わってなんぼやと思うんですよね~
そう・・・存在も同じなんですよね・・・
今日はそんな記事です。

自分が発するものすべてが販促物、存在を伝えられなかったら無いと同じ

さて、今日は販促のお話です。
僕達が普段使ってる、名刺、封筒、請求書、車、お店・・・
これすべてが販促物だとおもうんですよね。

名刺は自己紹介でもあるけど、自分がどんなことをやっているのかを
一番拒否されずに、ほぼ100%受け取ってもらえる最強の販促物です。
全員と言っていいほど、受け取ってくれます。

一回だけかなぁ~~~10年以上前に名刺を突き返されたの(笑)
◯◯銀行(笑)僕も実績も無かったし、おまけに若かったしね。
よく営業に来るけど絶対、口座作ってやらない(笑)

先日気がついたのですが、それを上回る物がありました。
Facebookです。
最近、名刺交換をする代わりにFacebookでお友達申請することが
とっても増えてきました。
あっ!Facebookのお話はまた後日しますね(笑)

お仕事で使っているお渡しできるものすべてが販促物です。
車だってそうです。
会社名だけ書いてあっても、何屋さんなのかすらわかりません。
電話番号が書いてあっても電話しないよね。

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定

僕達はすべての車両にいろんな事を書いています。
ちょっと下品?
とか言われるかもしれないけど、伝わらなかったら意味がないからです。
決してデコトラではありません(笑)

 

dekotora
デコトラってこんなの
ロボットに変身するのか!?トランスフォーマーかっ!?(笑)

あっ!また・・・脱線(^_^;)

僕達の工事車両は、販促だけのものではありません。
お客様、ご近所の方の安心にも繋がると思っています。
どこの、どんな業種の業者が来ているのかも伝わるからです。
そして、ご近所の方ともお話のネタになります。
イジってもらえます(笑)
更にドアに貼ってあるものは、どうしたらいいのか?まで書いてあります。

正直・・・目立ちます(笑)
変な運転や横着なことはできません。
まぁ~~~~目立ってなんぼです!

実は最初、もう5年くらい前かなぁ~~~
いろいろと書きすぎて、あまりの恥ずかしさに乗るのがイヤでした(笑)
でも、慣れってスゴイです。
今はまったく気にならないし、逆にプロとしての自信に繋がりましたしね。

だから同業の方で〇〇造園とかしか書いてない人は
勿体無いなぁ~~~なんて思っちゃうんですよね。
更に言うと、スタイリッシュに英語に変換してる社名なんてまったく意味が無い。
デザインも大切だけど、伝わってなんぼ!です。

封筒、看板、チラシ、名刺、車両、他にもいっぱいあります。
それがホームページやブログに誘導できる販促物になってますか?
「おっ!ちょっと覗いてみよう」というモノになってますか?
僕はドンドン新しいものに入れ替わっていってますよ~~(^_^)

これだけ情報量の多い中で、リアルに目にしてもらえることって
とってもとっても大切だと思います。

今日、僕愛用の軽トラックの文字をじっくり読んで話しかけてきた
おじさんとの会話の中で、そんなことを思いました。
ほら・・・そうなると名刺だって渡せるよね(^_^)

伝わってなんぼ!目立ってなんぼ!
今日はそんな記事を書いてみました。

それでは、皆さん良い週末を・・・
では、では・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket