情報をいくら手に入れても、体験に勝るものなし!

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師、山口佳久です!
毎日をありがとうございます。

体験や経験ってとてつもない経験値だと思う

さて、昨日は二件の打ち合わせの後に「座禅とヨガ」と
いう体験をしてきました。
これは僕達のお店で今月から始まった
「今まで体験したことないところに行こう!」っていう企画です。
これから毎月一回、未知なる体験が待っています(笑)
いつまで続くか・・・・わかりませんが・・・・(笑)

お店を閉めて、会社の経費を使ってでも、僕は体験というものは大切だと思っています。

例えば、結婚したことがないのに結婚は語れませんよね。
逆も同じ、離婚したことがないのに離婚は語れません。
美味しいご飯を食べ歩いてないのに、美味しい料理が提供できるわけがない。
子育てしたことがないのに子供の教育は語れません。
ダイエットしたことがないのにダイエットは語れません。
起業したことがないのに、コンサルはできません。
恋愛したことがないのに恋愛は語れません。
とっても辛い体験をしていないのに、辛い人の気持ちはわかりません。

僕はこの体験や経験ってとてつもない経験値だと思っています。
いくら情報社会だからと言ってもこの体験には敵わないと思っています。

まぁ~~~今回は「座禅とヨガ」
僕はどちらも初めてでしたが、僕は朝起きて一番最初にする姿勢が
ヨガの基本ポーズだった・・・知らないでやってた(笑)
呼吸、意識、体幹、脱力・・・すべてが奥深くかなり興味津々です。

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定
けっしてフザケてるわけじゃありません。
僕はこういうところに来ると真剣になるタイプ(笑)

ですが僕がとっても驚いたのは「座禅」でした。
座禅と聞くと「無になる」「瞑想」などを想像するかと思います。
この建仁寺の住職さんは違いました。

「とにかくその場に座る」ただそれだけ・・・・。

人はあれこれ次のことを考え、日々生活しています。
あれをしたらこうなるし、今はこれを先に片付けて・・・・なんてね。

昨日僕が教えてもらった座禅はただそこに座る。
それ以上でもそれ以下でもなく、その場に座るだけ。

実際、頭の中が無になるかと言うとならない。
住職さん曰く、それは絶対に無理だということでした。
人は考えることをやめられない。
ネガティブなことやポジティブなこと、いろんな恐怖などを想像して人は生きています。
だったら、その頭に出てきたことで遊べばいいということでした。
「こんなことが浮かんだかぁ~~」と思ったら呼吸を吐いたら消す。
「あっ!またこんなことも浮かんだかぁ~」と思ったら、また呼吸と共に消す。
要は頭に浮かぶネガティブや恐怖を遊べばいいとのことでした。

伝わってますか?

普段、僕達が過ごす時間は恐れがほとんどです。
斎藤一人さんもおっしゃっていた通り、人の選択は「愛と恐れ」のこの2つしかないそうです。
頭に浮かぶほとんどのことがこの恐れ。
この恐れは「怒り」「悲しみ」「迷い」なども含んだ上で恐れだそうです。
だから人は悩みというものと共に生きています。

だったらこの日常で出てくるネガティブな感情や思考も
ただ遊べば悩むことも、恐れることも、怒ることも、悲しむこともなくなると思いました。

僕はそんな説法をお聞きしながら、座禅と真剣に向き合っていました。
そうするとね、頭に浮かぶことがオモシロく
それに鳥の声や木々のざわめき、風の音、虫の声・・・・
このすべてが演出に思えてきたんです。
もうその場に存在している自分をとっても感じましたね。
自分自身の呼吸、心臓の音、自分自身を感じ、自分と戯れることって
今の世の中、少ないですよね。

人の人生は波に揉まれているのと同じでいろんな波が押し寄せてきます。
それが自分の経験や体験でその波の上で強くなっていき
少々の波がきても倒れなくなってきます。
ただ倒れないだけを思えばそれは傲慢・・・自我が勝ってしまい
波との調和を忘れてしまう。
そして時には陸に上がって、冷静に見渡すことも大切です。

昨日はそんなことを住職さんは語られていました。
聞けば聞くほど、僕の師匠と言っていることが同じなので
本当にビックリした(^_^;)
言葉が違うだけで言っていることはいっしょ。

座禅という体験がここに繋がるとは思いもしませんでした。
これは神様がここに導いてくれたとしか思えませんでした。
本当にありがたいです。

さて、来月はどんな初体験をするのか楽しみです。
高橋くんはお酒と美味しいご飯でお腹いっぱいになったから満足したかな(笑)

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定
いつものごとく・・・食べれないくらいの料理を注文する高橋くん。
彼らしいといえば・・・彼らしい・・・(笑)

次回は女性スタッフの平尾さんのチョイス。
またこれも・・・楽しみデスね。

それでは、また・・・・。

 

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket