「時には自分勝手で、自分中心でもいい」それくらい好な事って大切

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます。

昨日、一昨日とブログを書く時間がとれませんでした。
時間配分がまだまだ下手くそなヤマグチです(笑)

昨日はね、心友のかずみんこと勝矢和美さんに誘ってもらった
「ミラクルPOP読本2出版記念セミナー」に行ってきました。

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定

僕はこの著者の平松泰人さん(通称:まちゃ)さんとは
同じエクスマ塾生だけど初めてお会いしました。
以前からお会いしたいなぁ〜〜〜とは思っていたらやってきた(笑)

本当に不思議ですよね・・・人生って
僕の場合、思っていればそれが本当にやってくるんですよね。
逆にネガティブなことや恐れや恐怖なんかを思えば
それが目の前にやってくる、まさに思考は現実化することを証明していると思います。
まっ!それも必要なことだから受け入れるけどね。

僕ね、昨日は「出版記念パーティー」だと真剣に思っていて
会場に着くと・・・・

セミナーやんけ!!!(笑)

だけど、めっちゃ勉強になりました。
特に・・・・ガンダム00(ダブルオー)のね(笑)
TSUTAYAでレンタルして見ようと思った(笑)

講師のまちゃさんは、ガンダムや仮面ライダー、アイアンマンなどが
とってもお好きで、やっぱりそれをビジネスに生かされてます。

馬鹿げてるように思うかもしれないけど
この「好き」は本当に独自の価値を作り出すと再認識しました。
おそらく、世界中を探してもこの人にしかできない価値だと思う。

僕もこのブログに書いていますように
サーフィンが好きだし「サーファー庭師」って書いているけど
サーフィンって一部の人にしかわかってもらえないので
あまり詳しいことを書かないのは事実です。

だってね、興味のない人からしたらどうでもいいよねぇ〜〜〜(笑)

だけど、このまちゃさんは違った。
「ガンダムを好きな人に共感してもらえればそれでいいんだよ」

伝わってますか?

「世の中の人、全員をお客様にしよう」という発想ではなくてね
好きなことを共感してもらえる人とだけ、楽しく仕事ができればいい。
だから仕事がもっともっと楽しくなるわけです。

昨日のセミナー後の懇親会で同席だった方に質問されたんですよ。

「何をしている時が、一番現実を忘れられますか?」

僕は魔法の質問認定講師だけど、質問されちゃった(笑)
僕なりの答えは「波に乗っている時ですね」
パドリングからテイクオフした瞬間に、世界は止まります。
僕の中ではね。
その世界はスローモーション。
同じ海にいる人たちは見えているんだけど、みんな止まっている感じです。
その中で僕だけが生きているような・・・・なんとも言えないフローな状態です。

よくわからへんわな(笑)

そう、サーフィンって言葉では伝えにくいことが多いんですよ。
職人の世界でいう感覚みたいなものなんですよね。

だけど好きをもっともっと取り入れようと思った。
エクスマの先輩方は本当に好きを自分自身のビジネスに取り入れらています。

「ハワイが好き」
「サッカーが好き」
「大河ドラマが好き」
「F1が好き」
「ジャズが好き」

だからこそ「遊びのような仕事、仕事のような遊び」
一般世間からみると不謹慎に思うかもしれないけど
この好きと自分の得意なことを組み合わせると他の人には絶対真似できないことだと思います。
それが独自の価値なんだと思う。

エクスマの創始者、藤村正宏さんの言葉
「遊ばざるもの働くべからず」

まさにこの通りだと思います。
日本人は真面目だから、遊びと聞いたら非常識に思えるかもしれない。
だけど、遊びとフザケるは全然違います。

例えば、東京でタクシー運転手をされている安西敏幸さん。
この方は「JAZZタクシー」でとっても有名です。
中学時代にであったJAZZが好きで好きでたまらなく、仕事の中に好きを取り入れた。
業務で使うタクシーを改造して、移動することだけを目的にしてもらうのではなく
快適でリラックスできる体験で成功されています。

ジャズタクシー

全く、フザケてるわけでも遊んでいるわけでもなく
安西さんだからこそできる「好き」を本当に活かされています。
移動手段としてのビジネスが、今では「JAZZクルージング」という商品にまでなっています。

ビジネスに好きをとり入れる

本当に大切なことだなって、再認識しました。
「時には自分勝手で、自分中心でももいい」それくらい好な事って重要だと思います。

さて、あなたの好きな事を仕事に取り入れることで、どんな新しい価値が生まれると思いますか?

それでは、また・・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket