「稼ぐ人」だけが知っている!13の氣づき 著者:岩本貴久

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます。

「稼ぐ人」だけが知っている!13の氣づき 著者:岩本貴久

さて、今日はおすすめ書籍のご紹介。
この本はね、商いをされているなら、ぜひ、是非、読んでほしい本です。

京都・外構・庭・ウッドデッキ・剪定

僕はエクスマの塾生でもあり、今も尚勉強させてもらっています。
(エクスペリエンス・マーケティングについて詳しくはコチラ)
エクスマは今年で創立12周年になるんですよね〜〜。

今日、おすすめする書籍はエクスマ設立時期と同時期くらい前の書籍です。
役11年も前の書籍ですが、今の時代に合ったマーケティング本です。
なんと!アマゾン中古本で1円で売ってるくらいなのですが!!!
何千、何万、何十万、それ以上の価値がある書籍だと僕は思います。
あっ!新品買ってね(笑)

興味ある方は1円で買って欲しくはないけど読んでみてほしいなぁ〜〜〜ご購入はコチラ

この著者の岩本さんも商人とは
「気づきや心構え」が大切とおっしゃっています。
要は僕が師匠から学んでいる「心の在り方」というものです。

ビジネスとは「愛を届けること」
テクニックや情報だけではもう・・・売れない時代です。

僕も本当にそう思います。
借金をしてまで、多くの時間を使ってまで、たくさんのことを犠牲にしてまで
「商いをする」ことは、ただお金を稼ぎ出す、収入を増やす以上の目的があります。
もちろん利益は大切です。
だけど僕はこの「お金」というものはただのツールだと思っています。

「もっとお客様にお店を快適に使ってもらいたい」
「スタッフたちにもっと豊かになってもらいたい」
「もっともっと、僕たちのできることで幸せを生み出したい」

僕のツールとしてのお金の使い方はそこにあります。
僕はもう、十分満たされています。
毎日ご飯だって、寝るところだって、着る服だって困らない。
欲を言い出すときりがないけれど、十分に満たされている。

ビジネスをしていく上でもっとも必要なことを僕は理解しているつもりです。
この書籍はその基本的な部分がとっても詰まった一冊です。

今日は抜粋はしませんが

せえへんのかい!!!(笑)

かなり気になる目次の部分だけ抜粋、ご紹介いたしますね

・「商い」をしよう
・見込客には売り込まない
・お客様は商品特性には興味がない
・マーケティングを勉強している人ほど儲からない
・まず自分自身に売る
・人は嫌いな人からは買わない
・売りたければ売らない
・ニーズには答えない
・商人は人間関係
・与えることで、あなたは決して損はしない
・フォローの心配り
・豊かになるための学習法
・インターネットは神様からの贈りもの

ん?少しは気になりましたか?(笑)
その書籍の中で、僕の好きなフレーズがあります。

「ハードよりもハート」

「あなたが惚れるべき相手は商品ではなくお客様」

とても、11年前の書籍とは思えません。
物が行き渡った必要なものなどない時代。
量産し、多売する工業社会が終わった時代。
そして・・・情報に埋もれているこの時代。

商いの本質は一昔前に戻っているような気がします。
テクノロジーはますます進化していくことは止めることはできないけど
人として、商人としての在り方が変わってきたように思えます。

11年前の本だけに、少し古臭い部分も多少はありますが
とっても学びいっぱいの書籍です。

よかったら読んでみてくださいね。
なんせ・・・Amazon中古本で1円で買えますから・・・・(笑)

それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket