デジタルの向こう側には必要としている人が待っている、発信は集客するためじゃない

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です!
毎日をありがとうございます。

いやぁ~~~ホンマに忙しいわぁ~~~
年内のお見積りも施工もお断りしてるのに、毎日お問い合わせがあるわ。
幸せやねぇ~~~ホンマに幸せ。
全部応えてあげたい気持ちでホンマはいっぱいなんやで。
そやけど、身体は一つしかないし仕方ないねん。
誰か・・・コピーロボット作ってなぁ~(笑)
知ってる?パーマンのコピーロボット(笑)
鼻押したら自分になるやつ(笑)
てか・・・・パーマンってなんやねん?って思ってるやろ?(笑)

パーマン
藤子・F・不二雄の不朽の名作『パーマン』はこんなの

そのブログは誰に?何のために?書いているの?

さてさて、今日はブログについて書いてみるわね。
そもそもブログっていつぐらいからこれだけの利用者が増えたんかなぁ~
と思って、ウィキさんで調べてみたんやわ。

じゃあ、わからんかった(笑)
誰か・・・詳しく教えて♡

けど、2002年辺りから急速に普及したそうやねん。
アメブロで有名なサイバーエージェントさんも1998年やったしね。
偉そうに書いてるけど1998年やったらパソコンすら触ったことがなかったわ(笑)
ほんで、2006年には2500万人くらいの利用者数になったんやって。
ん?どこ行った?その人達・・・(笑)

まぁ~まだそれほど歴史があるわけやないんやね。
それが今となっては、スマホ一つでいろんな事ができる時代にまで
なってしまったんやわね。
こんなこと誰も5年前からしたら想像できひんかったちゃうかなぁ~
それくらい時代の変化は早いってことなんやわ。

で、この時代になんでブログを書かなアカンって話は前にもしたと思うねん。
<以前の記事:なぜ今、ブログを書かないといけないのか・・・>

要はね、もう情報の量が多すぎて選べへんねん。
新聞折り込みでもそうやろ?
家電量販店のチラシが週末になると何枚も入るわ。
そやけど、どれを見ても商品も値段も同じやねん。

「じゃあ、どこで買ったらいいのか?」ってことやわね。
商品も同じ、価格も同じやったらわざわざお店まで行かんでも
スマホでAmazonサイト開いたら、その商品がさらに安く買える時代やねん。
しかも家まで届けてくれる。
しかも!早い!

結局は「物」を売っているからこんなことがおきんねん。
大型店はホンマに大変な時代やと思う。
これは大型店だけやないで、物を売っているお店は競争しか選択はないねん。

そやけど、小さな何かに特化したお店はこの時代やからこそ強いねん。
もう誰もがメディアになれる時代。
その発信はテレビCMなんかより拡散されていくんやわ。
しかもお友達のお友達とか興味がある人達とか必要とされる人達にね。
だから関係性の時代って言うんやと思う。

その発信するということでブログがかなり重要ってことやねん。
ブログの記事はストックされていくわけやから、もう辞書みたいなものやねん。
FacebookやTwitterなんかはフロー型の発信やから流れていくんやわ。
それにね、毎日更新できるからホームページなんかと違って情報が新しいねん。

その人の仕事に対する姿勢、人と成り、趣味嗜好・・・・
いろんなことを、届けることができるねん。

僕のブログもそう、僕達のお店のスタッフブログもうそう
お問い合わせをもらう前からお客様になろうという人が見てくれてるねん。
そやし、誰に向けて書いてるかってのは重要なんやねん。
僕っていう、山口佳久を少しでも近くに感じてほしいからね・・・。

日記ブログでもいいと思うんやで・・・
せやけどね、それは何のために、誰に向かって書いているかを
意識したほうがいいと思うねん。
いくらデジタル社会その発信の向こう側には「人」がいるわけなんやしね・・・

今日はそんなことをおいしいラーメンを食べながら思ったわけです(笑)
汚いお店ほどうまい・・・これは定説やね(笑)

それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket