業界の常識を疑い「できるかな?」じゃねぇよ!やるんだよ!!!

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます。

「こうあらなければいけない、こうしなければいけない」邪魔してるのはコレや!!

さてさて、ブログの更新が2日置きのヤマグチです。
その理由は・・・時間がないからです!!!(笑)
師匠に怒られそうやなぁ〜〜
「ブログはマストや!!!」「優先順位を替えて時間を確保するんや!」「早起きせんかい!!」
あぁ〜〜〜あぁ〜〜〜耳鳴りがす〜〜る〜〜〜(笑)
はいはい・・・無理なもんはムリなんです♡
一日はブログと自分のことを少々、もう一日は自分のことを気を失うまで(笑)
こんな感じでしばらくは続けていくよ〜〜〜

今日はね、もう常識っていう部分から物事見るのやめへん?ってお話でもしよ〜〜かな〜〜

少し前に名古屋で新聞販売店さんをメインにニューズレター講座のゲスト講師を
させてもらったんやけど、もうそろそろ言いたいこと書いてみようと思います。

僕たち造園店もそうですが、新聞販売店さんも訪問が多い業種です。
僕はその講座で、自社の隠れた価値や現状を把握するために質問をメインにお話させていただいたのですが
その時の質問の一つ「お客様が来店してもらえるような取組や新聞以外での商品はどのようなものがありますか?」
って質問をさせてもらったんやわ。

そこで返ってきたほとんどの答えは「ない」ってことやった。
新聞は配達するモンやからね〜
それはそれOKなんやけど、その雑談の中で僕が
「新聞を配らへんかったらいいねん、取りに来てもらったら?」って言ったら
「それは絶対ム〜〜〜り〜〜〜」って返ってきた(笑)
そらそうやわね〜〜新聞は配達するもの!が業界常識やからね〜〜

イヤ待って!それってホンマぁ〜〜?!?!

って思ってしまった(笑)
まぁ〜〜僕がそこでさらに思ったのが「これだけ新聞販売店がいるのに知恵ださんかい!」って
その時はゴメンやけど思ったわ(笑)
ホンマごめんやでぇ〜〜〜

そやけどな、セミナーに来られていた全てと言っていいほどの新聞販売店さんは
これから新聞購読数が減っていくのだけは自信満々やった(笑)
ほんで来年言うんかな〜〜「ほらみろ!減ったやろ!!」って(笑)
てか、それって死活問題やん?
指くわえて待ってても仕方ないんちゃうの?って僕は思ってしまうわけ・・・

で、ホンマに配達せんでもお客様と関係性を作れて売り上げが上がったらいいんやわね〜〜
僕もいろんなお宅にお邪魔するので、どの年代のお客様が新聞を取られているのかも
おおよそわかるわなぁ〜〜見てたら若いご家庭は少ないわ、どちらかというと年配の方がお住まいの
お宅が僕たちの地域は多いんやわね〜〜

じゃあ、申し訳ないけど勝手にコンサルするでぇ〜(笑)ゴメンやでぇ〜〜〜(笑)

例えばやでぇ〜〜早朝の年配の方向けのウォーキングとかを企画するわけ。
もちろん健康維持や体力作り、お友達作りにも役立つ。
一人のスタッフが何時間もかけて配達する時間をこのお客様とのコミュニティー作りの
時間に当てる、ただ歩くだけじゃなく姿勢や体の使い方やストレッチなんかも
取り入れたりしてみる。
お店側としたらスタンプカードや月間MVPとかその取り組みをゲーム化してみる。
それをまたニューズレーターなんかで発信し、参加者を集める。
さらに一人暮らしの年配の方などの安否確認や体調管理にも役立ち
ウォーキングから始まったコミュニティーがまた進化していく・・・。
そして毎日ウォーキング帰りに新聞を持って帰ってもらう(笑)

僕が勝手に考えたことやけど、アホやと思ってくれたらそれでいい(笑)
こんなこと考え出したら無限にある。
そやけどな、一人のスタッフが一生懸命配達する未来と
こんなアホな(笑)コミュニティーとどっちが未来があると思う?
同じ一人のスタッフ、配達にかける同じ時間・・・・

もう僕はこの時点で新聞は売ってないと思うんやわ〜〜

伝わってるかな?

それになぁ〜〜一軒当たりの新聞での売り上げが月に3500円としたら
仮に新聞は売れんでも、別の売り上げで3500円できたらいいんちゃうやろかぁ〜〜
それには来店頻度も新聞以外の商品ももちろん重要やわね。

とにかく「新聞は配達するもの」って常識を疑うことやと思うねん!!
できる、できひんというのは別問題。
「できるかな?」じゃねぇよやるんだよ!!

できるかな
新聞販売店さんはそのくらいの時代に入ってきてるんやわね〜〜

それは僕たち造園店も同じこと。
違うのは僕たちは技術を売ってる・・・らしい(笑)
このブログをお読みいただいてる方で庭をお持ちで庭に興味がある人なんて
ほとんどおられへんのちゃうかな?
もうねぇ〜〜〜お客様は技術なんて二の次ねん。
じゃあ技術はいらんのかというと・・・僕なんかはバリバリやでぇ〜〜〜(←自分で言う・・・笑)
僕は同業者とお話ししていたら、ホンマにオモンない(笑)
未だにいいもの作ったり、技術があればやっていける。
時代や環境に愚痴をこぼし、良かった頃の昔話も・・・・もう飽きたよーーーーー(笑)
うんうん・・・アキタヨーーーーーーー(笑)

さすがに庭を持って来店してもらうわけにはいかへんし
僕は僕なりの新たな世界を作らなアカンわねぇ〜〜〜
業界の常識をぶち壊すくらいのアホなビジネスにしてみるわねwww

それにしても、おもろい時代にビジネスができてホンマに幸せやわぁ〜〜
デジタル化が進み、個人がメディアになれる環境に感謝やわね。
こんな体験って望んでもできひんからねぇ〜〜〜

今日はアホアホマーケティングのお話しやったね(笑)
常識を疑うってことはホンマに大切やと思うし、オモロイよ〜〜〜

そんな感じで、他のことしたいしこの辺にしとくわね〜
それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket