この世は「法で裁かれ」あの世は「心を裁かれる」

おはようございます。
「お庭と夢の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます。

今年もあと6日となりましたね。
子供達がハイテンションだったクリスマスに嬉しいお知らせが僕にもやってきたでぇ〜
なんと!新しい命が宿っていることがわかりました。
40歳のになって、またパパになれることがとっても嬉しいです。
はい・・・めっちゃうれしい!
Facebookでもたくさんのコメントをありがとうございます!

とっても不思議な感覚なんやけど
ちょうど父親が天国に行ったときくらいに出来ていたみたいです。
「輪廻転生」は正直いまいち理解してへんけど
新しい生が誕生することはとってもうれしいことです。

その父親も今日で49日法要。
先日、住職さんがオモシロいお話をされてました。

「49日までの間、あの世では何をしてるんですか?」
ってオカンのなにげない質問やった(笑)
それに対して、住職さんが真面目に答えてくれはったんやわ〜〜

49日まではこの世でいう、評価みたいなもので
今までやってきたことを評価されるということでした。
その評価によって天国か地獄が決まるそうやねん。

天国

あの世には鏡があって、今世でやってきたことが全て映し出され
何一つ、嘘も言い訳もできないそうです。

地獄は大きく分けて8階層あるそうで
厳密にいうとその一階層の中にも段階があるみたいやねん。

まぁ〜〜この世を生きてきた人のほとんどが地獄行きみたいやでぇ〜(笑)

なんでかいうたらなぁ〜〜この世は「法で裁かれる」のに対して
あの世は「心を裁かれる」そうやねん。

例えば「このパン盗んだろうか」ってこの世では思っても
実際に盗まへんかったら罪にはならへん。
そやけど、あの世の世界では「このパン盗んだろうか」って思ったこと
自体が罪やねんて・・・・

「おおぉ〜〜財布が落ちてる・・・くすねたろうか」
「ムカつくあいつを困らせてやろうか」
「あいつお人好しやし、ダマしたろうか」
「あいつムカつくし、しばいたろか」
「あんなやつ死んだらええねん」

そんことを思うだけで、罪やそうやねん・・・・
僕・・・・そんなん・・・若かったときに・・・・いっぱい・・・あった・・・(笑)
僕は地獄行き間違いないわ(笑)
皆さん・・・地獄でお会いしましょう(笑)

そう思ったらなぁ〜〜いかに「心」って大切なんやと思う。

この世は「欲」で満たされていくからね。
その我欲がエネルギーにもなるのは間違いないと僕は思う。

僕は欲はあってもいいと思うけど、その欲の向こう側には
誰かの喜びがあることを今は想像しています。

その住職さんのお話で「心」・・・ようは「在り方」がとっても大切なんやな〜〜と
再認識しました。

そんな感じでこれから49日法要に向かおうと思います。
それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket