がんばって苦しくなるんやったら・・・がんばらないほうが楽しいよ

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます。

「頑張らない」のと「手を抜く」のはぜんぜん意味が違う

今日は短めのブログです。
だってぇ〜〜次回の講座のコンテンツ詰めたいから〜〜(笑)

さて、昨日のブログ講座でいただいた質問です。

「プラスの言っている”頑張らない”ってどういう意味?」

そのことについて僕なりに答えたのですが
そもそも、「がんばる」と「できることをやる」はぜんぜん違うということです。

僕が「頑張らなくてもいいよ〜〜」って言ったら
やらなくていいんやぁ〜〜って表現に捉えられがちなんですが
それはただ・・・・

手を抜いてるだけなんじゃ!(笑)

僕は違うと思うんです。

例えば僕の一日は、朝6時に起きて7時に職場に行きます。
そこから現場ワークを夕方までこなし、事務所に僕が必要かを確認して
必要だったら事務所でデスクワーク・・・
必要がなかったら、自宅でこのブログやコンテンツ作りや家族の時間や読書・・・
おおかたの一週間はこんな感じで過ごしています。

じゃあ、これは頑張ってるのか?

っていうと・・・・がんばっていません(笑)
当たり前のことを当たり前にこなしているだけなんです。

僕の「頑張る」って表現は・・・・「気負わない」ってことなんです。

だってね〜〜自分の中にあるものしか出てこないからね。

それを・・・もっともっと・・・
これ以上のものを・・・
わたしがやらなくては・・・
わたしがこうだからダメなんだわ・・・
みんなから・・・社会から・・・取り残されてしまう・・・・

そんなことで自分を責め、自己否定し・・・・どんどん深みに自分からハマっていくだけなんです。
だから頑張らなくてもいいんです。

自分自身を愛し・・・自分ができることを目一杯やる。
たとえそれがどんな結果であろうと・・・それが今の自分なんです。
それを愛してあげたらいいんです。
それをOK〜〜〜って認めてあげたらいいんです。
僕が思う「頑張らない」はそれだけなんです。

誰かと比べても・・・仕方ないんですよ。
人それぞれステージも違うから、自分のできることで喜びを届けていたら
神様がギフトをくれるんです。

「おい、そろそろ次のステージにいこうかいのぉ〜〜〜」ってね

僕自身の「頑張る」は本当にひどかったんです。
周りとの調和を乱す、頑張るでしたからね〜〜

だけど・・・頑張りたい人は頑張ったらいいし・・・
頑張りたくない人は・・・ガンバらなくったっていい・・・・

要は・・・・・

 

どっちでも(笑)

そんな感じです(笑)

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定

さぁ〜〜もうちょっと頑張ろうかなぁ〜〜〜

 

頑張るんかいっ!!!(笑)

どっちやねん!(笑)

 

だってぇ〜〜毎日オモシロくて寝るんがもったいないからね♡

それでは、また・・・・

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket