6月4日 今日のグリーンプラス「最近よく売れている宅配ボックス」

こんにちは!!!
京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
いつもご覧いただきましてありがとうございます。

本日はY様、B様、施工ありがとうございました。
M様、K様、N様、お問い合わせありがとうございます!!!

 

もし・・・再配達が有料化となるともっと売れるのでは・・・

今日は最近よく出る「宅配ボックス」のご紹介。。。

パサソニックさんでも三協アルミさんでも同じ商品なのですが
今年に入ってやたらと出るようになった宅配ボックス。

僕個人的にはかなり楽チンなアイテムなんじゃないかと思っています。
僕の家には・・・・ないけど・・・・(笑)

宅配ボックス???って何???

って方に簡単にご説明させて頂きますが
留守中でもある程度のサイズでも受け取れる「無人受取ボックス」って感じです。

スミマセン・・・・ザックリすぎて・・・・(笑)

中はこんな感じ。。。

縦:約50cm 横:約30cm
結構な荷物が留守中でも受け取り出来るボックス。

じゃあ、ハンコや受取のサインはどうするの?

って感じですが、シャチハタ判子をセットしておくと
配送してくれる業者さんが自分で押してくれる仕組みです。

そして、このレバーを下げてもらって扉を閉めると
ロックが掛かって、盗難の心配も無し。。。。たぶん・・・・(笑)

配送業者さんがロックし忘れると・・・・無くなっちゃうかも。。。。
その辺は配送業者さんの保険で・・・・お願いしますね(笑)

ロックが掛かると緑の「受け取り出来ます」が赤の表示に変わり
重複して受取はできないものの、かなり便利な商品。。。

今年に入り、配送業者さんの値段も上がってきています。
実際に会社として配送依頼をかけていた僕達でも、業販というか・・・割引がきかなくなり
通常料金での配送となりました。

少し前にメディアで取り上げられたこともあり、人件費や経費の問題で
見直しが入ったことは間違いないでしょう。

もし仮に再配達有料化となれば、一家に一台・・・標準装備になっても
僕個人的には思いますね。

たとえ再配達有料化にならなくっても、何回も来てもらうのは心苦しいですからね。。。。

今日はそんな便利アイテム「宅配ボックス」のご紹介。。。。
少しでも配送業者さんが助かるといいですね。。。

それでは、また・・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket