人生はジャズセンションのようにおもしろくするのも自分次第

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます。

ジャズには名曲はない、あるのは名演奏だけや

さて、今日は体調があまり優れないので短めです。
身体は元気だけど、メンタルがやっぱりまだまだ弱い僕(笑)

だけど、情熱を持ってやってることが通じていなかったら
少し落ち込むのは人として当然だと思う。
自由と自分勝手の分別を理解してもらえないのも僕の力量。
まだまだ修行が足りんわ!!!って師匠に笑われそうやわ(笑)
自分の波動だけはどんどん上げとこ〜〜〜(笑)

さて、10月7日に名古屋で開催されるセミナーのゲスト講師をするのですが
僕は誕生数秘学的に見ても「カッチリタイプの職人気質」

今日というか、以前から講師陣たちとフェイスブックのメッセンジャーで
やりとりをしているのですが、未だに内容はアバウト。
だってメッセージの終わりには必ず・・・

「ジャスセッションで行こう」

爆!!!

それだけ(笑)
まぁ〜〜〜いいんやけどね。

僕が「スライド使えますか?」って聞くと

「使うなら大丈夫だよ!」

答えにはなっているけど、ある意味そんな答えはいらん(笑)
さすが!指示ゼロ経営を推奨している方だわ(笑)

まぁ〜〜〜なんだかんだ言って、僕なりのシナリオ作って
ちゃっかりスライド作り始めているけどね。

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定

だけど、なぜジャズセッションのように・・・・
かと言うとね、レジメなんかの流れ作業じゃない場には
とんでもない結果があると僕は思ってます。

だって、全部・・・アドリブやん!!!(笑)

また、それもオモロい。

僕はスタッフ達とのやりとりもジャズセッションでありたい。
個々がもつ力を合わせて、そのお客様に届けたい。
だから僕たちのお店にはマニュアルなんか無い。
僕はそんなもんいらんと思っている。
そんな機械的な仕事なんて、おもしろくもなんともないわ。
当たり前のやることだけやったら、あとは自由に自分を磨いてくれたらいいと思う。

今の僕は裏方です。
スタッフが決めてきてくれたことに、僕のエッセンスを現場で
スタッフの意思に沿った形で加える。

僕の師匠の一人、藤村正宏さんが以前ブログでこう書いておられました。

「ジャズに名曲は無い、あるのは名演奏」

僕もいくら技術があっても名曲は作りたくない。
各お客様に対して名演奏をしたいだけなんです。

もちろんお客様一人ひとり、価値観も生活環境も生活レベルも違います。
だからこそ、マニュアルなんてものでは感動は与えられません。
その都度、スタッフ達の演奏に僕の演奏で名演奏にしたいんです。

やりやすいお客様、苦手なお客様がいるのは仕方が無いと思う。
僕にとってはなんの問題も無い。
気にもならない。
だけど、やりやすいお客様だったら手を抜く。
苦手なお客様だったら逃げる。
それだけは絶対アカンと思う。
やりにくいからこそ、心でぶつかっていかなあかん。
全部見透かされてるんやからね。

経営も人生も全てが必然、もうこうやったら成功するなんてことはありません。
こうやったら契約が取れる、こうやったらファンが増える。
そんなもんないねん。

人生をおもしろくするのも、仲間達ともっともっといい場を作ろうとするのも
本当に自分次第だと思います。
今、自分のできることで誰かの喜びや気づきに灯をつけることができたら
それほど嬉しいもんはないからね。

情熱ないところに灯はともらへん・・・・

ほんまにそれは心から思うわ・・・・

それでは、また・・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket