人生もビジネスもマクロで考え、ミクロの行動をしよう!

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です!
毎日をありがとうございます。

未来を創りだすために、これからの自分のビジネスがどうなっていくかを想像することも大切

さて先日、名古屋でのサーポート講師をさせていただきました。
この間書いたし、僕のブログを読んでいただいている方は知ってるよね(笑)

京都・造園・外構・ウッドデッキ・剪定

そのセミナーに参加されていたのは新聞販売店の方が大半だったのですが
僕は参加されていた皆さんにある質問をしてみました。

「これから先、新聞購読部数が上がってウホウホになると思っている方おられますか?」

今考えると・・・かなり失礼な質問(笑)
まぁ~~~~それが僕です(笑)

でもね、そこにご参加されていた方たちの中で
これから新聞販売業が伸びていくと思っている人はおられませんでした。
皆さん・・・わかっているんですよね(^_^)

じゃあ、ビジネスとして形を変えていかないといけないのです。
そんなとっても大切な時なんですよね。

僕のビジネスもそれは同じことが言えます。
僕個人的には、お庭の仕事が今後飛躍していくとは思っていません。

それはなぜかと言うとね。
まず人口の減少、高齢化、そして少子化。
収入の減少、仕事自体をしない方、建築着工件数。
需要と供給から考えても、土地や建物がもう余って来ている。
これはさらに加速すると僕は思っています。
これは僕の考え方の独り言ですが、もう不動産に今までの価値はなくなると思っています。
後は・・・政治ね(^_^)

皆さん、日本の借金は毎秒どのくらい増えてるかご存じですか?
まぁ~~~これを見て下さい。
日本の借金時計

一世帯あたりの負担額は約2000万(_)
これはね、私関係ないわって言っても自分の子供達や孫達が背負って行かないといけません。
僕は小さな小さな造園会社だけど、世の中を良くしたいと思っています。
僕ができることは、消費と納税。
そのためにはビジネスをうまく伸ばし、収入を増やさなければなりません。
このままでは日本は破滅するか、大きく形を変えるんじゃないかな・・・・。

そんなある程度マクロ(巨視的)で考えると「やれ、ニューズレター」「やれ、チラシ」
「やれ、ホームページ」「やれ、ブログ」なんてミクロ(微視的)本当に小さな話です。
そのミクロの部分ですら、人間は行動できないんです。

それはね、明るく楽しい未来を想像できていないからです。

今の自分がどう思われるか。
嫌われるんじゃないだろうか。
やっても効果がなかったらどうしよう。
費用が無駄になんじゃないだろうか。

「恐怖」の選択をしているからです。

もうね、そんなこと言っている場合じゃないんですよね。

ビジネスも恋愛も子育ても、何でもかんでもそうだけど
大きく流れを見ることで、感じることは変わってくるんだと思いっています。

アメリカのオックスフォード大学の研究で、現在存在する仕事の47%が
今後20年で姿を変えたり、なくなったりするそうです。
まぁ~~これはテクノロジーの進化だから仕方がないけどね(^_^)

ビジネスは利益や収入を増やすことではないと思っています。
僕のマーケティングの師匠、藤村正宏さんがいつもおっしゃいます。

「経済」の語源は「経世 済民(けいせい さいみん)」。
「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」
世の中を良くして人々を救う、という意味です。
ビジネスとは仕合せ(幸せ)を生み出すことなんです。

大きな経済の流れを感じ、今後どうやって幸せを生み出していくか・・・

形を変えていくことは、不安や恐怖がいっぱいだと思う。
それは僕も同じです。

本当にそんな貴重な時代を体験できることは、僕は逆にツイていると思っています。
もうそれすら楽しんでやろうと思ってますからね~~(笑)

現状をどうするのかも大切だけど、これからの未来を大きく考えるのも
僕は今・・・・とっても大切だと思っています。

今日はなんか・・・・語ったね(笑)
さぁ~~~お腹減ったし帰ろ(笑)

それでは、また・・・・・。

 

 

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket