投げかけるものには愛を込めなアカン、それは機械にはできひんことや

こんばんは!
「夢とお庭の伝道師」京都の造園店グリーンプラスのサーファー庭師こと山口佳久です。
毎日をありがとうございます。

今日で11月も最後となりましたね。
今月も無事やってくることができました。
ありがとうございます。
明日から2015年最後の一ヶ月となりますね。
やり残しがあっても、無くてもいいけど・・・目一杯楽しみましょうね。

存在給は・・・たかが切手一枚にも詰まっているんやで・・・・

さてさて、先日僕のスタッフのブログを読んでいたら
僕に「切手のこと」で問いかけがあったんやわぁ〜〜
そやからブログでそのことについて書いてみるでぇ〜〜〜

<普通切手と記念切手の違い>
よかったらスタッフ達のブログも読んでみてなぁ〜〜

僕はなぁ〜〜いつもスタッフに切手を買ってきて貰うときに
「記念切手をお願いなぁ〜〜」ってお願いします。
またこれがオモシロイんやけど、紙に書いて渡しても
口頭で言っても、2回も普通切手を買ってきやがるんやわぁ〜(笑)

切手

でもなぁ〜〜これってどういうことかわかる?
要はね、自分ごとになってないワケなんやわぁ〜〜

確かに普通切手も記念切手も同じかもしれん。
貼って相手に届いたらそれでいいんやと思う。

そやけど僕は自分から発するものには愛を込めたいねん。
たかが切手かもしれん、そやけど季節やキャラクターなどの
素敵な切手はたくさんある。
同じ金額で、同じように郵便局に買いに行くんやったら
どっちが喜んでもらえると思う?
それになぁ〜〜素敵な記念切手を貼るこっちとしても嬉しいねん。

伝わってるかなぁ〜〜

その気持ちがそのお客様に届くワケなんやわぁ〜〜
たかが切手くらいかもしれんけど、少しでも気持ちを込めたいねん。

手紙ひとつ、葉書ひとつ、自分の思いを込めて僕はお客様に感謝を込めてるねん。
流れ作業のルーティーンなものやったとしたら、その波動はお客様に伝わる。

ニューズレターだってそう、お手紙だってそう・・・
ご来店いただいたり、お気持ちをいただいたり、お客様の声や嬉しいメールを
いただいたりしたら、その気持ちは返してあげたいんやわぁ〜。

それがさっき書いた「自分ごとになってへん」ってこういうことやねん。
自分には関係ない、自分は接しない、自分は裏方やしって波動はそのまま伝わる。

たしかにコメントを書いたり、お手紙や葉書を書いても給料には反映されへん。
そやけどなぁ〜〜それがなぁ〜〜あなた自身の存在給、すなわちあなたにしかできひん
価値、関係性ができあがるんやわなぁ〜〜〜
それを僕は十数年やっているワケなんやわぁ〜〜

サプライズでもなんでもないねん。
コメントは書けへんかったとしても、素敵な切手くらいは貼れるやろ?
その気持ちが僕は大切やと思ってるし、切手はその第一歩やねん。

お給料も売り上げも自分たちが作り出してるんじゃない。
お客様がいてくれるから、僕たちはご飯を食べられているねん。

僕はいつも旅行に行ったらお客様にお土産を買ってくるやろ?
別に仕事が欲しいからやっているんやない。
僕のできる範囲で、喜んで欲しいからやっているだけやで。
今日もわざわざお客様がお礼言いに来てくれたんやで・・・
たいしたお土産じゃなくてもこうやって届いてるんやわ。
その気持ちが届いたお客様から何通もうれしい手紙やメールをいただける。
ビジネスの喜び、人の喜びってそんなところちゃうかなぁ〜〜?

「与えたものが受け取るもの」

そうやって喜びっていう値が自分自身の魂が豊かになっていくと
僕は思うんやわぁ〜〜〜

今日はそんなスタッフからの投げかけの僕なりの回答のお話
読者のみなさん・・・・うちのお店はこんな感じで
コミュニケーションをとっておりますねん(笑)

またこれも笑ってもらえたら嬉しいです。

それでは、また・・・・。

The following two tabs change content below.
山口 佳久
1975年京都府京都市生まれ。 学歴なし、資金なし、資格なし、コネなし、あるのは手に着いた技術と行動力で 2003年に起業。 人はゼロからでも「夢や希望があればなりたい自分になれる」 自然、そして海から学んだ独自のサーフ経営とテクニックではない土台となる人の在り方 を日々発信中。 子供達の未来の夢が叶った夢新聞プロジェクトと出会いから 夢新聞認定講師としても絶賛活動中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket