カーポートって外構が完成してからでもできる?

こんばんは!

京都の造園と外構工事のグリーンプラスで設計をしている高橋大輔です!

元フィギュアスケーターではないですよ(笑)

 

さて、今日は新築の外構を検討されているお客様から

ほとんどと言ってもいいほど寄せられる質問についてお話しますね。

外構が完成してコンクリートがあってもカーポートってできますか?

カーポート

 

雨が降っていても車の乗り降りがしやすくて、黄砂などの汚れを軽減するとっても機能的なカーポート。

車が好きだったらどうしても取り入れたいものですよね~

新しく家を建てられる方の要望No. 1といっても過言ではありません(笑)
でも、建物本体やカーテン・インテリアなど多くのお金がかかる新築時には、なくなく我慢するっていう方がたくさんいらっしゃるんですね。

 

それで、ガレージのコンクリートが完成した後にカーポートを取り付けることが出来ますか?ってよくきかれるんです。

その場合でも、カーポートを取り付けることは出来ます!!

 

ですので、余裕が出来てから検討されてもぜんぜん大丈夫ですよ!

サイクルポート

ただし、後からする場合は柱が立つ部分のコンクリートを一旦壊してカーポートを建てた後にモルタルで復旧するのでその跡がでてきます。

サイクルポート コンクリート

っていっても、あまり気にならないですし、時間が経てば馴染んでくるんですよ~

 

後からカーポートを作るとき、柱部分を解体する方法の他に、あらかじめカーポートが作りやすいようにコンクリートを繰り抜いておくっていう方法もよく見かけます。

サイクルポート コンクリート

 

ただ、カーポートを作るまでの期間そのくり抜いた部分が余計に目立ってしまうので、僕はカーポートがない期間は無駄な形を作らずにキレイなコンクリートの状態にするほうがいいと思います。

後からカーポートを作るのは楽なのですが、その形を作るために型枠代も必要になってくるので金額的にはさほど変わりませんしね!

後からでもカーポートは作れますよ~っていうお話でした!
それでは~

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
高橋 大輔
1984年岩手県生まれ。株式会社グリーンプラスでお庭や外構のデザインをしています。ときどき現場作業のお手伝いをしていることがあるのでビックリされることも(笑) お客様とお話することが多いので、よく質問にあがることや、お悩みを解決できる情報を提供できたらなと! 自転車とカメラが趣味で京都市内をウロウロ走っていますが、なかなか痩せません。。。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket