要らなくなった植木鉢や土はどうやって捨てたらいいですか?

こんにちは!
台風一過後の涼しい一日でしたね~
京都の造園店グリーンプラスの女性スタッフ平尾です(^○^)

 

まだ夏が終わった!という感じはしませんが、秋支度というか
そろそろ夏も終わりやな~としんみりしてしまうこの頃です(笑)
涼しくなってくると、お庭掃除など、
屋外での作業がしやすくなってきますよね(^^)♪
掃除をしてくると出てくるのはゴミ(不要物)!
今日はその、“あるもの”についてのお話です。

 

お庭のリフォームのご依頼をいただいた時に
「要らなくなった植木鉢やプランター、土などを一緒に処分してくれませんか?」
ということをお客さまからお願いされることがとっても多いんですよね\(◎o◎)/!

 

たしかに、花や家庭菜園を楽しんだ後の鉢・プランター・土って
どうやって処分すればいいのか、
自治体の発行しているゴミの分別表などにも書かれていなかったりしますよね。
だから、どう捨てればいいのかわからない・・・(T_T)

 

では、どのように捨てればいいのか?

植木鉢・ゴミ・処分

 

①近所や知り合いに必要な人がいないか聞いてみる

植木鉢や土って買ったら結構良いお値段するんですよね(^_^;)
必要な人がいたら、使ってもらわない手はないですよ!!
ゴミ処分の費用もかからないし、相手にも喜んでもらえます。
どちらにとってもいいことだし、ゴミも出ないのでエコにもなります♪♪

 

②家庭ごみと一緒に捨てる

グリーンプラスのある京都市の場合ですが、
陶器の植木鉢はプラスチック製のプランターは可燃ごみで捨てることが出来ます。
あと、土についても公にはされていないことなんですが、
大量でなければ燃えるゴミの袋にいれても引き取ってくれるんです(・o・)!
ただ、あからさまに入っていると家庭ごみと判断されないし、
それ以前に重くて袋が破けてしまうので、小分けにすることがポイントです。
陶器の植木鉢やプランターも同様に袋が破けないようにだけ気をつけてください!

 

③自治体の粗大ごみ回収や、業者に依頼する

これは有料になってきますが、いちばん安心できる方法です。
京都市の場合、大型ゴミの受付センターに連絡して回収してもらう場所や手数料を確認して、
コンビニで手数料を払った後、もらったシールを貼っておいておけば回収してくれます。
自治体によって回収方法が異なってくると思うので、
お近くの役所で相談してみてくださいね(^^)

あとは、産廃業者や私達のような造園業者でも引き取ってくれます。
グリーンプラスの場合、下の写真のような土のう袋をお渡ししているので、
こちらに入れて持ってきていただくか、引き取りの場合はまたその旨をご相談くださいね。

植木鉢・ゴミ・処分

 

最後に

もしお庭に木が植わっていたら、出てしまった不要な土を
そこの根元に足してもいいかもしれませんね。
ただ、どうせ土だからと山の中や、許可をとっていない場所に
捨てることは絶対にしないでくださいね!
土にもその土地にあった性質があるので、捨てた土によって
元々あった木や植物が枯れてしまうっていう可能性が無いわけではないんです。

 

植木鉢をどうしようか困っていた~っていう方は
ぜひぜひ上の方法、参考にしてみてくださいね~(^_^)

The following two tabs change content below.
グリーンプラス編集部
外構&エクステリア|京都の造園店株式会社グリーンプラスです。1件1件心を込めて、ヒアリングからプラン作成、そして現場施工、植木の剪定やメンテナンスまで携わります。http://greenplus-kyoto.com/
グリーンプラス編集部

最新記事 by グリーンプラス編集部 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket