ウッドデッキは何で作るのがいいか②

こんにちは!
天気が安定しませんね~雨・・・降るのか降らないのか!!
私は自分の髪のうねり具合で湿度を感じています・・・(笑)
京都の造園店グリーンプラスの女性スタッフ平尾です(^○^)

 

さて、先日のブログでウッドデッキに使われるおおまかな素材3種類と
そのひとつのハードウッド材の中でのオススメ、ウリン材を紹介しました。
その記事はこちら→【ウッドデッキは何で作るのがいいか①】
今回は2つめに挙げていたソフトウッド材のお話です(^o^)ノ

 

ソフトウッドとは

よく耳にする、杉やヒノキ、ホームセンターで手に入るホワイトパインなどの
黄色味がかった柔らかい木材の総称をソフトウッドといいます( ・`ω・´)
その中でもウッドデッキに向いているのがウェスタンレッドシダー(通称WRC)という木材!
というわけで、今日はWRCのメリット・デメリットを紹介したいと思います!

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都・グリーンプラス・レッドシダー・WRC

WRCはどんな木材?

ウェスタンレッドシダーの「シダー」って言うのは和訳すると「杉」
つまり、杉の仲間なんですよね~
材料として使うためには、
基本的に100年ほど成長した成木をウッドデッキ用にカットしていきます。
人の大きさと比べるとめちゃくちゃ大きいですよね(・o・)↓↓
外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都・グリーンプラス・レッドシダー・WRC
WRCを販売されているウッディロバートさんの写真をお借りしました♪

 

そんなWRC材のメリット・デメリットは・・・

メリット①ザ・無垢材!

ソフトウッド材全体に言えることですが、木目がはっきりしていて綺麗です!
ハードウッドの場合は成長が遅く、
木目は付いているかはっきりしないくらい細く入っているので、
ソフトウッドの方が木を使っているなっていう実感は湧きやすいかもしれません。
そして、香りがとてもいい!新築の香りがします(^^)(笑)
無垢材ってちょっとした憧れですよね~☆

【無垢材】
合板や集成材ではなく、使用する形状で丸太から切り出した木材。
割れやひびなどが入りやすいが、天然木本来の風合いを持ち、室内の湿度を調整する働きもある。
「家とインテリアの用語がわかる辞典」より

 

メリット② 暑くなりにくい!

樹脂のデッキやタイル、コンクリートなんかは
真夏になるとヤケドしそうなくらい暑くなったりしますよね(_;
ですが、ソフトウッド材は密度が低く、
空気や水を含みやすいので、直射日光が当たっても暑くなりにくいです!

 

メリット③ シロアリに強い!

防虫成分・殺菌成分を含んでいるので、シロアリがつきにくいです。
ただ、完璧な防虫性能ではありません(-_-;)
WRC材は、ソフトウッドの中では虫がつきにくいといった感じです。

 

メリット④ DIYしやすい!

柔らかい木材なので加工がしやすく、DIYにもってこい!
誰でも簡単にウッドデッキが作りやすい木材なんです(^o^)!
趣味でウッドデッキ作れたらめっちゃカッコいいですよね~

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都・グリーンプラス

メリット⑤ ハードウッドに比べて低コスト!

タイトル通りハードウッドに比べると低コストです!
といってもホームセンターにあるような木材に比べたら
そこそこいいお値段するんですけどね・・・(^_^;)

 
とってもメリットが多い木材ですが、デメリットもそれなりにあります・・・
デメリットには「耐久性」の問題が関係してきます。

 

デメリット① 耐久性は10年が目安

WRC材はソフトウッドの中では耐久性がある方なのですが、
雨ざらしで直射日光がガンガンのところだと、もっても10年くらいかなと思います。
防腐塗装をすることで耐久年数を伸ばしていくことはできますが、
それでもハードウッドほど持つことはありません(´・ω・`)
外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都・グリーンプラス・塗装
デッキの塗装をする高橋さん・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

 

デメリット② ささくれやすい

柔らかいので、普段使っていて傷がついたりすると
どうしてもそこからささくれができてしまったりというのがあります。
ささくれた部分にはヤスリがけをするのがいちばん簡単な対処方法ですね( ̄ー ̄)b

 

デメリット③ メンテナンスをした方がいい

耐久年数が短いので、定期的にメンテナンスをした方が長くは使えます。
防腐塗装は何年かに一回とかではなくて、毎年塗らないと効果が続かないですし、
長い目で見ると、塗料のコストが結構かかってくることになります(_;
面積が大きくなってくると、塗料のコストもですが
時間や体力的にも大変になってきますよね・・・( = =)

 

さいごに

ウェスタンレッドシダー(WRC材)のメリット・デメリットを挙げてみました!
同じ木でもハードかソフトか・・・全然性質が違うんですね~\(◎o◎)/!
WRC材は、DIYが趣味だったり、アウトドアが好きだったり、
アクティブに自分でなんでもやっちゃう!という方に非常にオススメです!
メンテナンスすればするほど長く保つので、愛着も湧きますよ~~~(^^)
ご自身でも扱いやすい木材ではありますが、
力仕事はちょっと・・・という方は、お気軽にご相談くださいね(笑)では~!

The following two tabs change content below.
グリーンプラス編集部
外構&エクステリア|京都の造園店株式会社グリーンプラスです。1件1件心を込めて、ヒアリングからプラン作成、そして現場施工、植木の剪定やメンテナンスまで携わります。http://greenplus-kyoto.com/
グリーンプラス編集部

最新記事 by グリーンプラス編集部 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket