外構が一部分壊れました…どうすれば?|外構・植木の保証のお話

こんばんは!
京都の外構と造園のグリーンプラスで設計をしている高橋大輔です!

明日9月21日(水)は定休日となっております。
メールフォームまたは留守電メッセージを残していただけましたら、
22日(木)にこちらよりご連絡させていただきます。

【メールフォームはこちら】

やっと出来上がった建物と外構。
住み始めてからすぐに壊れてしまった(T_T)
なんてことがあればたまったもんじゃないですよね(-_-;)

でもご安心ください!
そういう時のために保証制度というものがあります。
今日は誰もが気になる(笑)保証のお話です。

目次

  • 既成品の保証について
  • 構造物の保証
  • 植木類の保証
  • さいごに

住宅だったら20年とか保証のある業者さんもありますが、外構やお庭、エクステリアの場合、金額も住宅ほどでないので保証期間としては家電製品と同じ程度が目安になってきます。

グリーンプラスではカーポートなどの商品や門柱などの構造物などモノによって保証期間が変わってくるんですね。

保証期間が分かれるものはこの3つ(保証期間が長い順)
①カーポート・テラス・ポストなどのエクステリア商品、つまり既成品
②門柱やアプローチ、コンクリートなどグリーンプラスが手作りで作る部分
③シマトネリコなどの高木や、アジサイなどの低木、植木類

既成品の保証について

カーポート・テラス・ポストなどのエクステリア商品の保証期間は
2年間(24ヶ月)になります!
カーポート
カーポートやテラスが水漏れするようになってきただとか、門扉がガタついて開かなくなった、ポストや表札が変色したなんていうことでしたらグリーンプラスを通じて商品メーカー対応になります。
ただし、自分で車をぶつけたり、商品を加工しなければ使い勝手が悪くなってしまうので特殊施工となっている場合には有償になりますので、予めご了承くださいね。

構造物の保証

門柱やアプローチ、コンクリートあとはウッドデッキなんかも、グリーンプラスの手作りになる部分は1年半(18ヶ月)の保証がついています。
グリーンプラス施工例

注意としてはコンクリートやウッドデッキは熱によって膨張や収縮を繰り返すためにどうしても表面に細かいヒビが出てきてしまいます。
最初気になるようでしたらヤスリがけで細かいヒビを除去する対応となります。
ウッドデッキ

バキバキに割れてきたなどのどうしてもひどい場合には解体して作りなおす対応をさせていただきます。お客様に過失のある原因の場合は有償となります。

植木類の保証

シマトネリコなどの高木や、アジサイなどの低木1年間(12ヶ月)の保証になります。
これについても水やり不足や、虫が大量について放置されている場合は対象外となります。

植木は暑い時期に植えると根っこで吸い上げる水分よりも蒸散で出て行くほうが多くなってしまうため、蒸散する量を減らそうと葉を落とすことがあります。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

植え痛みという現象で、完全に枯れてしまっているわけではないので元気になるまでじっくり待っていただくことになります。
見た目が悪い時期がありますが、これも最初のうちだけなので我慢していただけると幸いです。

さいごに

といったわけで、保証について簡単に説明させていただきました。
一件一件作る時の地質や日当たりなどの条件が違いますので熟練していてもどうしても
全く同じものを作るって言うのが難しく、細かい補修などが出てくる場合があります。
それでも作りっぱなしで放置する。なんてことはないのでご安心くださいね!

それでは~

The following two tabs change content below.
高橋 大輔
1984年岩手県生まれ。株式会社グリーンプラスでお庭や外構のデザインをしています。ときどき現場作業のお手伝いをしていることがあるのでビックリされることも(笑) お客様とお話することが多いので、よく質問にあがることや、お悩みを解決できる情報を提供できたらなと! 自転車とカメラが趣味で京都市内をウロウロ走っていますが、なかなか痩せません。。。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket