台風が来たとき、カーポートは大丈夫!?

こんばんは!
京都の造園と外構のグリーンプラスで設計をしている高橋大輔です。

最近、頻繁に台風やってきますよね(´_`。)
9月~10月は1年の中で最も台風がやってくる時期で、台風シーズンとも言われています。
京都は比較的直撃することが少ないのですが、昨日も東日本では台風が発端となった爆弾低気圧ですごい被害になっていました、、、

そして、台風が来るたびに僕がヒヤヒヤしていることがあります。
それは、
「台風でカーポートが飛ばされないのか!?」

カーポートってあると車が雨に濡れないし、車を停めたてから外に出るもの傘をささずに出れるからあるとすごい便利ですよね!
ただ、台風のことを考えると車1台を覆う屋根を柱2本だけで支えていて、人に例えると傘をさして台風の日に外に出ているようなものだから、見た目にもとっても心配になりますよね。。。

でも、安心して下さい!
カーポートを作っているメーカーが提示する強度からすると、ほとんど心配することはないです!!
ただ、風の強さに上を見たらきりがないので、あくまで、ほとんど!

メーカーがこの商品ならどれくらいの風までなら耐えますよっていうのを教えてくれてるのですが、大体どのメーカのものも耐風圧は34~38m/秒
TC4200_1508_1509-2

この34~38m/秒ってどのくらいの風の強さかって言いますと、
・立っていられない
・樹木が根こそぎ倒れ始める
・ブロック塀が壊れ、外壁が剥がれ始める

スクリーンショット 2015-09-01 21.52.08

気象庁「風の強さと吹き方」参照
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kazehyo.html

なかなか、ブロック塀が倒れるほどの台風はやってこないですよね。
っていうか
植木とブロックって、、、僕達の仕事からしたら、、、
地獄絵図やんけ!!

話は飛びましたが、それくらいの台風が頻繁にやって来る地域はあまりオススメできませんが、京都はなかなかやってこないので、ほとんど大丈夫っていう僕の解釈です。

もし、台風でカーポートが吹き飛んでしまったら、、、
考えたくないことですが、メーカーは、保証期間内であっても保証してくれません。
天災の場合は有料修理になると保証書に書かれてあるんですね。
それどころか、ご近所さんに被害が及んだら大変なことになりますよね。。。
TC4200_2754

こういった商品については、完璧な強度を求めることはできません。
安全性を取ると使い勝手が犠牲になるんですね。
カーポートをされたい場合には、理解されたうえでされることをおすすめ致します。

もうカーポートがついているけど…っていう場合で強度に不安があったら、現在も販売されている商品だったら、後からつけることも出来る「サポートツール」っていうので強度を上げることもできるので、検討してみるといいと思いますよ!
TC4200_1514
それでは~

The following two tabs change content below.
高橋 大輔
1984年岩手県生まれ。株式会社グリーンプラスでお庭や外構のデザインをしています。ときどき現場作業のお手伝いをしていることがあるのでビックリされることも(笑) お客様とお話することが多いので、よく質問にあがることや、お悩みを解決できる情報を提供できたらなと! 自転車とカメラが趣味で京都市内をウロウロ走っていますが、なかなか痩せません。。。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket