雑草を生えにくくする防草シートの敷き方5つのポイント

こんばんは!
京都の造園と外構工事のグリーンプラスで設計をしている高橋大輔です!
元フィギュアスケーターではないですよ(笑)
最近、非常に多いお問い合わせから…

「雑草で困っているから草引きをして欲しのですが」

すごいありがたいお問い合わせありがとうございます!
ただ、時期的に雑草が伸びる時期なのでお問い合わせが重なってしまって
すぐにお伺いできないというのが実情なのです(。>﹏<。)
雑草対策にご自分で出来るもので、長い間効果的に防げるものが
「防草シート」です。
外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都

ホームセンターでも手に入るものでご自分でされている方もたくさんいらっしゃって
このシートを敷くだけで結構雑草が生えなくなります。

でも、、、設置の方法がまずくてすぐに雑草が生えてしまっている方もちらほら、、、

てなわけで、今日は防草シートを敷くときのポイントを5つお話しておこうと思います!

①厚みのある防草シートを使う
ホームセンターや100円均一で販売されているものは結構薄いものが多いです。
そしてすぐに破けてしまってそこから雑草が…
長期的な手間を考えたら、一回設置したら長く効果が続いてくれたほうがいいですよね!
最低でもタカショーのクサトレーという商品くらいの厚みがあったほうがいいです。
さらに分厚い商品だったら尚良し!
ネットで簡単に手に入ると思うので調べてみてくださいね。
外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都
タカショー クサトレー

②目立つ石を取り除く
めんどくさくてそのまま敷いたら石の部分から穴が空いてそこから草が…
なんてことになりかねません!
目立つ石は取り除いて、デコボコの地面は平らにしてくださいね!

③シートを重ねる必要がある部分は15センチ以上!
継ぎ目から草がにょきにょきと出てくる場合が非常に多い!
継ぎ目を余分なくらい重ねておいたほうが安心ですよ~

④固定するためのアンカーピンを打つ
めくれなくするため、地面に密着して植物の育成に必要な太陽光を
地面にあてなくするためにアンカーピンを打つのはマストです!
外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都

⑤砂利を敷く
防草シートは地面への日光を遮断するために黒いものが多い。
そのままだと温度があがりやすくなったり紫外線での傷みが激しいです。
砂利を上に敷いた方が長持ちもしますし、見た目もいいですね(^o^)/
外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都

防草シートを敷く時の5つのポイントを挙げてみました。
これからの時期暑くなり、さらに雑草も伸びるようになります。
草引きなど余計なことに手をかけたくないって行く方はぜひぜひ試してみてくださいね~
Let’s DIY!

それでは~

 

The following two tabs change content below.
高橋 大輔
1984年岩手県生まれ。株式会社グリーンプラスでお庭や外構のデザインをしています。ときどき現場作業のお手伝いをしていることがあるのでビックリされることも(笑) お客様とお話することが多いので、よく質問にあがることや、お悩みを解決できる情報を提供できたらなと! 自転車とカメラが趣味で京都市内をウロウロ走っていますが、なかなか痩せません。。。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket