庭にいる毒を持つ毛虫の対処方法!

こんばんは!
京都の外構と造園のグリーンプラスで設計をしている高橋大輔です。

来週の天気を見たら月曜から木曜まで雨。
外の仕事は天候に左右されるのがつらいところ(´;ω;`)
降らないことを祈ろう。。。

いよいよこの季節がやって来ました。
私達の仕事、剪定作業を邪魔する毛虫の季節が!

だいたいこの時期から11月くらいまでその形態で生息し続け
徐々に成虫になっていく蛾の幼虫です。

その毛虫のなかにはをもつ毛虫もいて、何年か前には僕もこんな目に会いました↓


これがとても痒いんですよ(T_T)
今日は家の庭に毒のある毛虫が出た場合の対処法のお話です。

※今日のブログは虫が苦手な方は決して見ないでください!

目次

  • この毛虫には気をつけて
  • 撃退するにはどうすればよいのか
  • 毛虫に触れてしまった時の対処法

 

この毛虫には気をつけて

庭木には毒を持った毛虫が付いていることがあります。
これから紹介する毛虫を発見した場合は決して手を触れないでくださいね!

①チャドクガ

上の写真の状態になってしまった原因がこのチャドクガです。
知らずに触れも何も感触がなく、最初なにか痒いな~と思っていたらいつの間にかこのような状態に。
この状態まできてしまったらもう痒くてしょうがなくなります。
毒針毛という毒を持った毛が、かきむしることで細々になって広い範囲に炎症を起こします。
この炎症は2週間ほどで治ります。

チャドクガ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%AC

②イラガ

一番庭木に付いているのが多いのが、このイラガ。
触れてしまうと電気が走るような痛みが走ります。
痒みが長く尾を引くことはありません。

イラガ
http://blogs.yahoo.co.jp/iyashigusa/37451369.html

③マイマイガ

いっけん、ユーモラスな形状をしていますが、こいつもなかなか厄介。
チャドクガやイラガよりは出現する期間は短いですが、触れるとチャドクガと同じようにかぶれてしまいます。

マイマイガ
www.vill.otari.nagano.jp

 

撃退するにはどうすればよいのか

対処法はいくつかあります。紹介していきますね。

①放置

冬になればいなくなります。
ただ、植木の葉っぱがどんどんくわれていきます。
対処法になっていないか(汗)

②捕殺

触れないように割り箸でつまんでゴミ箱へポイ!
これは結構勇気がいりますが確実にやつけることができます!

③植木屋さんに依頼する

ただ電話するだけであとは見る必要がないので、これが一番楽チンですね♪
しかも、剪定して風通しを良くすると毛虫がつきにくくなるんですね!
ただ、どこの植木屋さんも忙しい時期に突入するので、多少来てもらうまで時間がかかってしまうのがネックかもしれません。

④自分で殺虫剤を撒く

ホームセンターで販売されているようなスプレータイプの殺虫剤を撒くのが、自分でできる方法として一番早く効果がでてオススメです。

毛虫殺虫剤
http://item.rakuten.co.jp/g-life/9129367/

毛虫に触れてしまった時の対処法

とりあえず触れてしまったら水で洗い流しましよう!
イラガであればこの時点で痒みがひいてきます。
チャドクガやマイマイガを触れたことによるかぶれる範囲も少なくてすみます。
そして、かゆくなったらかきむしらずにムヒなどのかゆみ止めを!
ムヒアルファEXには説明欄に「毛虫」とも書かれているのでおそらく効果があると思います(汗)
あまりにひどい場合には病院へ行き炎症止めを処方してもらうのが良いです。

ムヒ
https://www.amazon.co.jp/dp/B005UK3SGS

さいごに

毛虫が庭木についていた時の対処法のご紹介でした!
毛虫がいたら絶対に触れずに殺虫することが大事ですが、
剪定で庭木の風通しを良くして「まず害虫が生息しない環境をつくること」で予防しておくのが危ない思いをしなくていいのではないかと思います!
それでは!

The following two tabs change content below.
高橋 大輔
1984年岩手県生まれ。株式会社グリーンプラスでお庭や外構のデザインをしています。ときどき現場作業のお手伝いをしていることがあるのでビックリされることも(笑) お客様とお話することが多いので、よく質問にあがることや、お悩みを解決できる情報を提供できたらなと! 自転車とカメラが趣味で京都市内をウロウロ走っていますが、なかなか痩せません。。。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket