アルミ製のサッシやフェンスの汚れ落とし方法

こんにちは!
最近欲しいお掃除グッズは掃除機!!な
京都の造園店グリーンプラスの女性スタッフ平尾です(^○^)

本日は、Tさま、今年も剪定作業をさせていただきありがとうございました!
Kさま、Yさま、Sさま、Fさま、Uさま、お打ち合わせありがとうございました!

 

さてさて、今日はアルミ製品についた汚れの落とし方についてのお話です( ・`ω・´)

サッシやフェンス、門扉といったアルミ製品は、
水洗いしただけでは綺麗にならないのご存じですか?

工事が完了して、お客様にお引き渡し!そのとき、
アルミの製品も綺麗な状態でお渡ししたいのに、
土ぼこりなどの汚れが水洗いしても落ちないんですよ~(T_T)
あ!落ちないからといって汚れがひどいままお引渡しはしませんよ(笑)
このあとちゃ~んと汚れの落とし方ご紹介しますので!

 

う~ん・・・水洗い“直後”は綺麗になっているけど、
乾くと微かに残っていた汚れが水滴がスジみたいな模様となって残ってしまう・・・
屋外のアルミ製品は土汚れやホコリが雨と混じって付着し乾くと、
このような感じに汚れてきます。

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都・グリーンプラス
あ~なんかよく見る光景・・・

 

ですが、この汚れ!!あることをするだけでピカピカに!!
とーっても綺麗になるんですよ(✽ ゚д゚ ✽)

 

①水洗い・水拭き

土汚れやホコリがに混じって付いた汚れや、
水垢などの汚れが中心なのでまずは水拭きをします!
毒を持って毒を制すとはこのこと!これで大半の汚れは落ちてきます。

 

②しつこい汚れにはメラミンスポンジが効く

水洗いや水拭きで大半の汚れは落ちるんですが、
こびりついてしまったしつこい汚れは「激落ちくん」などの
メラミンスポンジでこすると落ちやすいですよ!
ただ、強くこすると細かい傷がたくさんついて白っぽくなって
汚れを落としているはずが逆に落ちない汚れをつけてしまうことになるので、

優しくこすってあげるのがポイントになります!

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都・グリーンプラス

③乾拭き

水気をそのままにしておくと、乾くとその中に残っていた些細な汚れが
また出てくる・・・なんてことになりますし、
これがまた結構目立つので、乾いたタオルなどでしっかり拭き取ります。

 

④そして、仕上げに5-56(ゴーゴーロク)

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都・グリーンプラス

551(ゴーゴーイチ)は豚まん・・・(笑)はい。
実は、この5-56という商品、アルミの仕上げ専用に作られた商品ではなく、
錆びついて動かなくなったビスやボルトを回したい時とか、
チェーンなどの金属がこすれる可動部に吹きかけて動きを良くするための潤滑剤なんです。

潤滑剤なんですけど、これを雑巾にシュシュッと吹きかけて、
フェンスやサッシを拭き取ると、汚れが全然目立たなくなるんです!!

しかも、それだけでなく、光沢が出るんですよね~(^^)
年月が経って白っぽくなったアルミ商品でも、
新品同様とまではいかなくても元の色に戻ったり!
もちろん、潤滑剤としての機能性も◎です( ´∀`)b
ホームセンターでも普通に手に入るものなので、1本持っていると便利です!

 

ひと手間かけたらその分愛着も

何事もそうですが、手間はかかりますよね(´;ω;`)ウッ…(笑)
それもお掃除の醍醐味・・・!?
私は・・・お掃除とか・・・これはヤバイ((((;゚Д゚))))
っていう状態になるまでやらなかったりしますが、
やり始めるとトコトン綺麗にしたいタイプ。
やはりピカピカにすると、清々しい気持ちになりますからね~◎
手をかけてあげることで愛着もわきますし♪

ということで、今日はメンテナンスのお話でした(^o^)♪

The following two tabs change content below.
グリーンプラス編集部
外構&エクステリア|京都の造園店株式会社グリーンプラスです。1件1件心を込めて、ヒアリングからプラン作成、そして現場施工、植木の剪定やメンテナンスまで携わります。http://greenplus-kyoto.com/
グリーンプラス編集部

最新記事 by グリーンプラス編集部 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket