草抜きのコツはタイミング!

こんにちは!
最近、豆乳や納豆など、豆製品にハマっている
京都の造園店グリーンプラスの女性スタッフ平尾です(^○^)

 

さて先日、草抜きするときにあると便利な道具を少しご紹介しましたが、
今日はその、草抜きをするときのコツをお伝えしたいと思います(^^)

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都
こちらは草抜き(除草)後の写真です(^o^)

 

草抜きでいちばん大切なのは、根っこから抜くこと!
無造作に葉っぱだけをちぎるのは意味なし!です。
すぐにどんどん雑草は生えてきます。
特に今の時期は、恵みの雨も普段より多めに降りますし、
太陽の光もサンサンと降り注ぎ、雑草はメキメキと育ちやすく・・・あああ

 

でも、根っこから抜くのって意外と大変・・・
どうやったらスポッと抜けるのか?
どうやったら、という方法も気になるところですが、
今日は草抜きに適したタイミングをご紹介します。
カラッカラに乾いた状態ということは、
土も固まってしまっているということ。
じゃあ反対に土が柔らかくなるときってあるの???
あります(笑)あるんですよ~~~

 

それは・・・雨が降ったあと!!

 

雨上がりで土が柔らかくなっているときに草抜きをするのがいいですよ~♪
雨水で出来た水溜まりの水が全て土に染み込んだ頃が
一番草を根っこごと抜きやすいタイミングなん です!
雨の降るタイミングと草抜きしたいタイミングが合わない!ってときは、
作業する前に、水撒きをしてくださいね(^^)
水をたくさんまきすぎたり、適度に染み込む前に作業すると
土がどろどろになってやりにくいことがあります、ですので、
ここでも!水が染み込んだ頃がベストなタイミングです♪
それでも、頑固に根を張って大きく育ちすぎた雑草や、
逆に若葉の雑草は茎部分でちぎれやすく、根が残りやすいので
抜き方などにも工夫が必要です。

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都
こちらは草抜き(除草)前の写真です・・・

 

私は以前、雨が降ったあとでも何でもない天気のいい日に
昼間から草抜きをしようと表に出て、作業を始めたのですが、
根っこが抜ける前に葉っぱがちぎれて
草抜きというより、草ちぎりをしたことがあります(^_^;)
そして、そのときはもうやだ!!ってなって途中で作業放棄したなぁ・・・(笑)
そのときの土はもちろんカラカラに乾いてました。
作業するタイミング、これも大事ですよね~(^^)

 

The following two tabs change content below.
グリーンプラス編集部
外構&エクステリア|京都の造園店株式会社グリーンプラスです。1件1件心を込めて、ヒアリングからプラン作成、そして現場施工、植木の剪定やメンテナンスまで携わります。http://greenplus-kyoto.com/
グリーンプラス編集部

最新記事 by グリーンプラス編集部 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket