植木から木くずが出たときの対処方法

こんにちは!
虫は大の苦手です・・・
京都の造園店グリーンプラスの女性スタッフ平尾です(^○^)

 

夏に向かっていくこの時期から、夏の終わり頃、まだ暑さが続くくらいまで
植木に関してある被害が増える傾向にあるんですよね~
外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都

 

ヒントはこの木くず。
樹の根元にこんな感じで木くずが溜まっていたら要注意です。

 

これは・・・テッポウムシの仕業!!なんです。

 

あの・・・お写真は・・・
苦手なので割愛させていただきますね(ノω・)
テッポウムシというのは、カミキリムシの幼虫なのですが
その成虫が枝や幹などに傷を付けて産卵し、
ふ化した幼虫は木質部を食害しながら成長します。。
つまり、木の中が食い荒らされてしまうわけです。

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都
なので、症状としては枝が枯れたり、
最悪の場合樹そのものが枯れてしまいます(T_T)
枯れない場合でも、強風に耐え切れず折れてしまったり・・・
なんてこともあるかもしれません。゚(゚´Д`゚)゚。

 

どの木にもつく可能性はありますが、
特にモミジに多いようです!
対処法を簡単にですが紹介しておきますね。

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都
まずは空いている穴にノズルを差し込み殺虫剤を噴射~~~

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都
殺虫剤をまいたあとは、その穴や傷ついた部分から
雨水などが入って木が腐食するのを防ぐために、
穴や傷がある部分を保護(コーティング)してあげます。

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都
処置、保護をした後は予防です!
根元から幹や枝の1.5m~2.0m位まで、薬剤を塗布!

 

テッポウムシ被害が出た時の処置はこのような感じです(^_^)
ちなみに、この「ガットサイト」という薬剤、
塗ると幹が白くなってしましますが、透明の物もあります。
ちょっとしたイメチェンになりますよ・・・(笑)

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都

これらの薬剤はホームセンターでも購入できますよ(^v^)
根本に木くずを見つけた場合は、樹を枯らさないためにも
はやめに処置をしてあげてくださいね~(^^)丿
お近くの造園業者さん、またグリーンプラスでも対応可能ですので、
お困りの方はお気軽にご相談くださいね。

The following two tabs change content below.
グリーンプラス編集部
外構&エクステリア|京都の造園店株式会社グリーンプラスです。1件1件心を込めて、ヒアリングからプラン作成、そして現場施工、植木の剪定やメンテナンスまで携わります。http://greenplus-kyoto.com/
グリーンプラス編集部

最新記事 by グリーンプラス編集部 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket