消毒はそんなにやらなくても大丈夫ですよ~

こんにちは!
梅雨!!湿度が高くて息苦しいですね・・・(^_^;)
京都の造園店グリーンプラスの女性スタッフ平尾です(^○^)

 

外構・造園・ウッドデッキ・剪定・京都

 

お客様:「後々のことを考えて、予防として消毒・・・?
薬剤散布・・・?してほしいのですが・・・」

 

やり過ぎに限らず、
消毒はあまりしない方がいいですよ~(^_^)/

 

害虫予防として薬剤散布をする場合もありますが、
グリーンプラスでは基本的には
害虫がついてからの消毒をおすすめしています!
その方が植木にとって良いからなんですよね(^o^)b

 

例えば、毎年春の花粉症に悩まされている方は、
対策として少し早めの時期から薬を飲んで症状を軽減する
ってこともありますよね。
それは、この時期にこうなる!ってのがわかってるから
花粉症じゃない方が、わざわざ薬を事前に飲んで・・・
なんてことはしないですよね(ノ゚ο゚)ノ(する方いらっしゃいます?)

 

植木も同じで、健康的な状態なのに
薬をやる必要はない!
ということなのです(๑•̀ㅂ•́)و✧
予防として薬剤を散布したはずなのに、
元気がなくなってしまった・・・なんてことがあるかもしれません。
・・・ないかもしれません。(笑)

 

何はともあれ、
消毒するのは害虫がついてからでも遅くはないです!
植木も結構生命力ありますからね(^○^)

 

どうしても虫がつくのが嫌で!!!とか、
毎年放ったらかしにしてるから害虫の量がすごくて!!!という場合は、
ご相談される際に、その旨をお伝えいただければと思います(^_^)
虫がつくのはその植木が元気な証拠でもありますからね~☆

The following two tabs change content below.
グリーンプラス編集部
外構&エクステリア|京都の造園店株式会社グリーンプラスです。1件1件心を込めて、ヒアリングからプラン作成、そして現場施工、植木の剪定やメンテナンスまで携わります。http://greenplus-kyoto.com/
グリーンプラス編集部

最新記事 by グリーンプラス編集部 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket