プランから見る外構予算のめやす①

こんばんは!
京都の、外構と造園のグリーンプラスで設計をしている高橋大輔です!

さてさて、本日はこれくらいのプランだったらこれくらいの価格帯になりますよ~っていうお話です(^o^)

まずはご予算100万円くらいはだいたいこんなイメージになります↓
洋風・和風・モダン・ナチュラルなどによって使う素材は
変わってきますが仕上がりのボリュームとしてはこのくらいになります!

t02200136_0800049413421393671

ガレージに2台車が止められてその部分は車が停めやすいようにコンクリートの製、
玄関へと続くアプローチは石が敷いてあったり、洗い出しっていうきれいな砂利がコンクリートでしっかり固まっている仕上げでちょっといい仕上げで入り口へ誘導していくような内容です。

t02200136_0800049413421393669

インターホン・表札は塗装の壁に石のアクセントが入った門柱に。
ポストは玄関に近い部分に独立型のポストを設置して郵便物を取り出すときに近いから便利!
そして外観の中心となるようなシンポルツリーと彩るように植栽を~

t02200136_0800049413421394008
お庭部分はシンプルに砂利敷きです。
砂利は音がなるので土の状態より防犯性も高くなりますし、雑草も生えにくくなるんですよ!

さてさて、次は70万円くらいのイメージだとこんな感じです↓
t02200136_0800049413421393670
ガレージ部分は同じくコンクリートで
玄関へと続くアプローチは洗い出し。
100万円くらいのプランで使っていた石敷きは洗い出しよりも単価が高いのでちょっと厳しいかな(^_^;)
この敷地の場合アプローチの長さが結構あるので、短い距離であれば使えるかもしれないですね。
お庭部分は同じく砂利敷きです。

t02200136_0800049413421393668
インターホン・ポスト・表札は「機能門柱」っていう既成品を利用してコストダウン。
既成品でもピンキリですが、結構シンプルなものを使うことになります。
そんでもって、シンボルツリー!これがあるのと無いのではだいぶ雰囲気に違いが出てくるんですよ!

大体のイメージはこんな感じっていうのをご紹介させていただきました。
もちろんちょっといい仕上げのアプローチの長さであったり、車を停める台数、敷地の広さなんかによって金額に違いが出てきます。
そして、これは外構単体だけの内容なので、境界にブロックやフェンスを設ける必要がある場合さらにその分が必要になってきます。もし、道路境界以外の3方を一番コストのかからない仕上げにする場合でも+50万円はみておく必要があります。
その他にもカーポートが欲しいっていう場合は商品にもよりますが1台用で+20万円が目安になってくるんですよ~

ご予算組みのご参考にされてみてくださいね!

それでは~

The following two tabs change content below.
高橋 大輔
1984年岩手県生まれ。株式会社グリーンプラスでお庭や外構のデザインをしています。ときどき現場作業のお手伝いをしていることがあるのでビックリされることも(笑) お客様とお話することが多いので、よく質問にあがることや、お悩みを解決できる情報を提供できたらなと! 自転車とカメラが趣味で京都市内をウロウロ走っていますが、なかなか痩せません。。。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket